第三章 人類歴史の終末論

我々は、人類歴史が如何にして始まり、また、これが何処へ向かって流れているかということを、これまで知らずに生きてきた。従って人類歴史の終末に関する問題を知らずにいるのである。多くのキリスト教信者たちは、ただ聖書に記録されていることを文字通りに受けとって、歴史の終末においては天と地がみな火に焼かれて消滅し(ぺテロⅡ三・12)、日と月が光を失い、星が天から落ち(マタイ二四・29)、天使長のラッパの音と共に死人達がよみがえり、生き残った人達はみな雲に包まれて引き上げられ、空中においてイエスを迎えるだろう(テサロニケI四・16、17)と信じている。しかし、事実、聖書の文字通りになるのであろうか、それとも聖書の多くの重要な部分がそうであるように、このみ言も何かの比喩として言われているのであろうか。この問題を解明するということは、キリスト教信者達にとって、最も重要な問題の中の一つを解明することといわなければならない。ところで、この問題を解明するためには、まず、神が被造世界を創造なさった目的と堕落の意義、そして救いの摂理の目的等、これらの根本問題を解明しなければならないのである。